投球回数の制限

成長期にボールを数多く投げ過ぎると、肩、肘の故障につながるおそれがあります。毎日の、毎週の投げる動作の回数の制限の目安を紹介します。

米国整形外科スポーツ医学会

米国整形外科スポーツ医学会 ( American Orthopaedic Society for Sports Medicine, AOSSM ) は、以下の表のガイドラインを示しています。

年齢ごとの最大の投球数

年齢 1試合の投球数
7 – 850
9 – 1075
11 – 1285
13 – 1695
17 – 18105

日本臨床スポーツ医学会

年齢、投球数と、その後に腕を休ませる日数

14歳以下 15 – 18 歳 投球を休む日数
66球以上76 球以上4日
51 – 65 球61 – 75 球3日
36 – 50 球46 – 60 球2日
21 – 35 球31 – 45 球1日
1 – 20 球 1 – 30 球0