股関節炎とふとももの痛み

お子さんが、ふとももから膝のあたりを痛がり、脚を引きずったりかばって歩くようになったり、または歩かなくなることがあります。これには、日常よくみられるものとして、股関節炎があります。

乳幼児の股関節炎

  • ふとももや膝のあたりを痛がっても、股関節が原因のことがよくあります。
  • 運動した次の日や、かぜ気味などのときにみられる場合があります。
  • 多くの場合、朝起きた時か、朝しばらくしてからそういう症状が出ます。
  • よく運動して帰宅した夕方に痛み出すこともあります。

右の股関節炎

右脚を痛がるお子さんの股関節が腫れているエコー(超音波検査)の画像です。

お子さんの股関節は、この単純な股関節炎のほか、様々な怪我や骨関節の病気が起こるところでもあります。