高齢者の前腕遠位部骨折

高齢者は、骨がもろくなり、骨の強度が落ちてくるため、成人、青少年よりも骨が折れやすく、なかでも、背骨(胸椎、腰椎)、大腿骨近位部、上腕骨近位部の骨折を生じやすいのに次いで、骨盤(恥骨)とともにここに示します前腕遠位部の骨折がよくみられます。

前腕遠位部骨折

橈骨(太い方)の骨折は、関節内に及び、尺骨(細い方)の先端(茎状突起)も骨折しています。 専門的には粉砕骨折、* Frykman type IV、† Müller AO 23 C-1 写真はクリックで拡大

高齢者の前腕遠位部骨折の受傷時のX線写真正面像 高齢者の前腕遠位部骨折の受傷時のX線写真側面像 高齢者の前腕遠位部骨折の受傷時のX線写真斜位像 高齢者の前腕遠位部骨折の受傷時のX線写真斜位像

骨折を元に近づけるように整復しました。

高齢者の前腕遠位部骨折の整復後のX線写真正面像 高齢者の前腕遠位部骨折の整復後のX線写真側面像

前腕遠位部骨折

橈骨遠位部の骨折が関節内に及ぶとともに、橈骨と尺骨が並んでつながるところ(遠位橈尺関節)も割れています。
* Frykman type VI、† Müller AO 23 C-2 写真はクリックで拡大

高齢者の前腕遠位部骨折の受傷時のX線写真正面像 高齢者の前腕遠位部骨折の受傷時のX線写真側面像 高齢者の前腕遠位部骨折の受傷時のX線写真斜位像 高齢者の前腕遠位部骨折の受傷時のX線写真斜位像

骨折を元に近づけるように整復しました。

高齢者の前腕遠位部骨折の整復後のX線写真正面像 高齢者の前腕遠位部骨折の整復後のX線写真側面像

* Frykman G. CHAPTER IV TYPES OF FRACTURE. Gösta Frykman. Fracture of the distal radius including sequelae–shoulder-hand-finger syndrome, disturbance in the distal radio-ulnar joint and impairment of nerve function. A clinical and experimental study. Acta Orthop Scand. 1967; Vol. 38: No. S108: 27-31. ( translated from Swedish by Patrik Fort / PDF 16034KB )

† AO Foundation. Müller AO Classification of Fractures – Long Bones.