下腿遠位の骨折、骨端線損傷

下腿(すねから下)で足関節周囲(足首)でのこどもの骨端線損傷と成人の骨折の例です。

子どもの骨端線損傷

子どもは骨端線(骨が成長するところ)があり、ずれたままですと骨が真っすぐに成長しないことがある場所です。手術を要することもありますが、骨端線があるので、手術をせずに整復、治療ができればよりよいです。

骨端線の上下(近位から遠位)にわたる骨折線があり、わかりにくいですが、ずれがあります。
専門的には * Salter-Harris Type IV、triplane fracture 写真はクリックで拡大

脛骨遠位骨端線損傷の受傷時のX線写真正面像 脛骨遠位骨端線損傷の受傷時のX線写真正面像 脛骨遠位骨端線損傷の受傷時のX線写真斜位像 脛骨遠位骨端線損傷の受傷時のX線写真斜位像

アップです。骨端線の外側(細い方の骨、腓骨に近いところ)が広くなっています。

脛骨遠位骨端線損傷の受傷時のX線写真正面像 脛骨遠位骨端線損傷の受傷時のX線写真側面像 脛骨遠位骨端線損傷の受傷時のX線写真斜位像 脛骨遠位骨端線損傷の受傷時のX線写真斜位像

CT です。骨端線をはさんだ骨折がよくわかります。

脛骨遠位骨端線損傷の受傷時のCT 脛骨遠位骨端線損傷の受傷時のCT 脛骨遠位骨端線損傷の受傷時のCT 脛骨遠位骨端線損傷の受傷時のCT 脛骨遠位骨端線損傷の受傷時のCT 脛骨遠位骨端線損傷の受傷時のCT

骨折を元に近づけるように整復しました。骨端線の外側の幅が、本来の狭さになっています。

脛骨遠位骨端線損傷の整復後のX線写真正面像 脛骨遠位骨端線損傷の整復後のX線写真側面像 脛骨遠位骨端線損傷の整復後のX線写真斜位像 脛骨遠位骨端線損傷の整復後のX線写真斜位像

このお子さんは、4 年後の時点で、骨の成長の障害はありませんでした。

成人の下腿遠位部骨折

脛骨(太い方)と腓骨(細い方)の両方が骨折していました。

脛骨遠位部骨折の受傷時のX線写真正面像 脛骨遠位部骨折の受傷時のX線写真側面像 脛骨遠位部骨折の受傷時のX線写真斜位像 脛骨遠位部骨折の受傷時のX線写真斜位像

骨折を元に近づけるように整復しました。

脛骨遠位部骨折の整復後のX線写真正面像 脛骨遠位部骨折の整復後のX線写真側面像

Robert B. Salter and W. Robert Harris. Injuries Involving the Epiphyseal Plate. J Bone Joint Surg Am. 1963; 45(3): 587-622.